このブログを検索

2014年2月25日火曜日

江戸川乱歩の怪作「恐怖王」の“米粒に文字”は実際に可能なのかもしれない

☆恐怖王

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E6%80%96%E7%8E%8B

『恐怖王』(きょうふおう)は、江戸川乱歩の著した中編探偵小説である。

(略)

賑やかな内容であるが、中盤から荒唐無稽な展開が多くなり、多くの謎は最後まで明らかにされることなく、唐突に結末がつけられている。乱歩は、この作品を失敗作だと見なしていた。

(略)

恐怖王と呼ばれる怪人が、日本を震撼させていた。恐怖王は、盗んだ照子の死体とゴリラ男との結婚写真を庄兵衛に送りつけたり、腕に恐怖王の刺青をしたり、

米粒に「恐怖王恐怖王恐怖王………」と細かい文字を刻んだり、

飛行機雲でKyofuoとの文字を空中に描いたり、とありとあらゆる手段で自己顕示欲を満たすかのように振る舞っていた。探偵小説家・大江蘭堂はひょんなことから、その恐怖王に狙われるのだった。恐怖王とは何者なのだろうか。

               ↓

174 名前:名無しのオプ
投稿日:2014/02/24(月) 21:51:17.65 ID:bYcuIOTV

http://www.pref.ibaraki.jp/discover/craft/center/04.html

徳川光圀が創建した久昌寺の僧日孝が、米粒に南無妙法連華経と題目を書き、寺の参拝者に配ったという

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地B」

忍者ソーシャルボタン

アーカイブ

農協シュガータウン

トンブクツーの夕暮れ

殴り書きシャンゼリゼ

パンドラ御所

北海道ニュースリンク

TechCrunch Japan

ITmedia News 速報 最新記事一覧

はてなブックマーク

Delicious/hanayuu