【松の内・最終日】北海道の一部地域の神社仏閣は1月7日に「どんど焼き」

※ 左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる。日本全国で広く見られる習俗である。
民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。


https://twitter.com/gota_kun/status/1082110376479608832


ブログ アーカイブ

北海道ニュースリンク

郷土紙連合最新ニュース

HBC News-i