このブログを検索

2012年7月9日月曜日

著作権切れの名画をユーストリームで配信する「午前0時の映画祭」始まる


てんたま
https://twitter.com/tentama_go/status/222162153266884608
青空文庫の映画版みたいな試みが。著作権切れの名画をUSTREAMで配信。第一弾は「市民ケーン」。7月11日(水)・12日(木)・13日(金)で、“午前0時の映画祭”というサイト名通り、24:00からです
http://0eiga.com/



午前0時の映画祭
https://twitter.com/0eiga/status/222183224418377731
「午前0時の映画祭」第1弾作品『市民ケーン』のオープニング上映まであと2日!『市民ケーン』の追加上映日および第2弾作品は7月13日(金)の上映終了後に発表となります。お楽しみに!
http://0eiga.com


『市民ケーン』

監督:オーソン・ウェルズ

出演:オーソン・ウェルズ、ジョセフ・コットン、ドロシー・カミンゴア、エヴェレット・スローン、アグネス・ムーアヘッド 他

新聞王ケーンが、“バラのつぼみ”という謎の言葉を残して死んだ。新聞記者のトンプソンは、その言葉の意味を求めて、生前のケーンを知る人物にあたるが・・・。様々な人物の証言から新聞界に君臨した男の実像が浮かび上がる。斬新な構成と演出で評判を呼んだウェルズ弱冠25歳の処女作。決して時代の動乱に翻弄された訳でもなく、運にも才気にも恵まれ、望む物全て手に入れることが出来たはずなのに、虚無に囚われたまま結局何一つ得ることのできなかった哀れな男の生涯。人生を誤った敗北者の虚しい姿が、ラストで明かされる“バラのつぼみ”の正体によって、観る者の胸をえぐるが如く、赤裸々に浮かび上がる。

(1941年/35mm/119分/日本語字幕)




当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地B」

忍者ソーシャルボタン

アーカイブ

農協シュガータウン

トンブクツーの夕暮れ

殴り書きシャンゼリゼ

パンドラ御所

北海道ニュースリンク

TechCrunch Japan

ITmedia News 速報 最新記事一覧

はてなブックマーク

Delicious/hanayuu