2014年3月25日火曜日

〔AFP動画〕古代エジプトのファラオ「アメン­ホテプ3世」の巨像2体が公開された

エジプトのルクソール(Luxor)で、エジプト第18王朝のファラオ、アメン­ホテプ3世(Amenhotep III)の新たな巨像2体が公開された。
http://youtu.be/8UvaPaGJijI


☆アメンホテプ3世

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%973%E4%B8%96

Amenhotep III、在位:紀元前1386年 - 1349年、あるいは紀元前1388年 - 1351年)は、古代エジプト第18王朝の第9代ファラオ(王)。即位名はネブマアトラー。「真実の主はラーなり」の意。正妻はティイ。子はアメンホテプ4世など。

トトメス3世、トトメス4世の時代を経て絶頂に達した王国を継承した。在位期間も長く、40年近くに及んだ。アメン神を崇敬すること篤く、テーベにカルナックのアメン神殿と直結する分神殿としてルクソール神殿を建設している。このほか、同地に広大な自身の葬祭殿も建設している。葬祭殿は後に後代の王たちによって破壊されたが、メムノンの巨像と呼ばれる彼の坐像は破壊されずに残り、現在でも形をとどめている。



このブログを検索

アーカイブ

当ブログのスピンオフブログ「飛び地B」