2013年11月7日木曜日

スヴァールバル諸島の首邑「ロングイェールビーン」のライブカメラ

ロングイェールビーン(ノルウェー語: Longyearbyen)は、ノルウェー領スヴァールバル諸島にある町。スピッツベルゲン島西部のイース・フィヨルド南岸に面している。

人口は2040人(2008年)でスヴァールバル諸島人口の大半を占め、1000人以上の人口を有する町の中では、世界で最も北にある。

町の名は「ロングイェールの町」の意。ロングイェールとはスヴァールバル諸島で炭鉱経営を行ったアメリカ人実業家ジョン・マンロー・ロングイェール(en)のことである。


▼ライブカメラ
http://longyearbyen.livecam360.com/flash/main.php



このブログを検索

アーカイブ

当ブログのスピンオフブログ「飛び地B」