2013年1月25日金曜日

【動画】プリンセス・ジュリアナ国際空港は着陸体勢が不穏である


プリンセス・ジュリアナ国際空港(英語: Princess Juliana International Airport)は、カリブ海のオランダ自治領シント・マールテン(セント・マーチン島南半部)にある国際空港である。大型旅客機がビーチ上の低空を通過して着陸することで知られている。

元々は1942年に軍用滑走路として開設されたが、翌1943年に民間空港に転用され現在に至る。空港の名称は、当時のオランダ王女ユリアナ(1948年に即位してユリアナ女王となる)に由来する。



このブログを検索

アーカイブ

当ブログのスピンオフブログ「飛び地B」